[エックスサーバー][MySQL] 新しいデータベースを作る

エックスサーバーに新しいデータベース(MySQL)を作ってみます。

サーバーパネルを開く

まずはエックスサーバーにログインして、サーバーパネルを開きます。

サーバーパネル
https://www.xserver.ne.jp/login_server.php

ログインの方法が分からない方は以下を参考に。

エックスサーバーの管理画面に行くには
http://snagimo.com/how-to-go-control-panel-of-xserver

サーバーパネルを開いたら「データベース」欄の「MySQL設定」を押下します。

MySQL追加

「MySQL設定」画面を開くと、以下の5つのタブがあるので、その中から「MySQL追加」タブをクリックして追加画面を開きます。

  • MySQL一覧
  • MySQL追加
  • MySQLユーザ一覧
  • MySQLユーザ追加
  • MySQLバックアップ

追加画面ではデータベース名を入力します。データベース名はサーバーID が接頭辞になり、その後にアンダースコアに続く部分が任意で設定できます。

データベース名: サーバーID_任意の名前

名前が入力出来たら「MySQLの追加」ボタンを押下します。

MySQLユーザ追加

続いて MySQL ユーザーを追加します。MySQLユーザーとは、データベースへのテーブルの作成、更新、参照などのアクセスを行う利用者のことを指します。

ユーザーを追加するには、同じく MySQL設定画面から「MySQLユーザ追加」タブを開きます。

ここでも設定できるユーザーIDは、サーバーID が接頭辞、その後にアンダースコアに続く部分が任意、という形になります。

MySQLユーザーID: サーバーID_任意の名前

ユーザーID にはさらにパスワードも設定します。

例はデタラメなユーザーIDにしていますが、管理しやすい適切な名前を付けます。パスワードは常時使用が必要になるものではないので、セキュリティの強固なものを設定しておきます。

入力内容が良ければ「MySQLユーザーの追加」ボタンを押します。

アクセス権の設定

作ったばかりのデータベースにはアクセス権を持ったユーザーが設定されていません。先ほど作成したデータベースに、これまた先ほど作成したばかりのユーザーを設定します。

「MySQL設定」画面から「MySQL一覧」タブを開きます。一覧で先ほど作ったデータベースの「アクセス権所有ユーザー」を見ると「ユーザーはいません」になっています。

「アクセス権未所有ユーザー」から先ほど作成したユーザーを選択し、「追加」ボタンを押します。

以上で、

  • 新規データベースの作成
  • ユーザーの作成
  • アクセス権所有ユーザーの割り当て

すべてが完了です。