[ショートカット] ゴミ箱に入れずに削除する方法

0
959
views

Windows上でファイルをゴミ箱に入れずに削除してみます。ショートカットキーを使います。

Shiftキー + Deleteキー

クリックをして削除したいファイルを選択します。

Shiftキーを押しながら Deleteキーを押します。

「このファイルを本当に削除しますか?」と不安になるような聞き方をしてきます。でもこれ重要です。間違えて消したら最悪ですから。

ここで「はい」を選択すればファイルは削除されます。

つまり、ゴミ箱を経由せずに一発でドライブから対象ファイルが消滅します。

取り返しがきかないので慎重に

このショートカットで削除すればゴミ箱にファイルが溜まらないので、ゴミ箱を空にするアクションなどの二度手間が無くなり便利です。

ただ裏を返せば、「あ、しまった間違えて削除しちゃった!」という時に取り返しがききません。

なので、ショートカットでの削除の実行は慎重にしないといけません。

効率化や整理整頓のメリット

誰しも間違えてファイルを消して痛い思いをすることはあります。それを考慮しても、この削除方法を習慣化した時の作業の効率化やファイルを整理しやすくなるメリットは案外大きいです。