エックスサーバーに申し込みをする手順

0
483
views

エックスサーバーに新規サーバーを申し込んでみます。あっという間に完了します。

エックスサーバーのトップページ

まずはエックスサーバーのトップページに行きます。

エックスサーバー
https://www.xserver.ne.jp/

申し込みの流れ

トップページのメニューなどに「申し込み」「申し込みの流れ」というリンクがあるので、そこから申し込みに進みます。

サーバー新規お申し込み – お申し込みの流れ
https://www.xserver.ne.jp/order/

すると「1.お申し込み」の欄に「お申し込みフォーム」というボタンがあるので、ここからお申し込みフォームに進みます。

新規/追加の選択

サービスの申し込み画面になり、「新規申し込み」か「追加申し込み」かを選択するボタンが現れます。新規契約の場合は「新規お申込み」ボタンを選んで進みます。

利用規約と個人情報の取扱い

次に利用規約や個人情報の取扱いについての説明が表示されるので、ひと通り読んで内容に不都合がなければ「同意する」ボタンを押下します。

申し込み対象の選択

今回の申し込み対象が「新規サーバー」なのか「新規ドメイン」なのか「ドメインの移管」なのかを問われます。この中から「新規サーバーの申し込み」ボタンを選んで進みます。

サーバーID の決定

契約するサーバの ID を決めます。この ID はサーバアカウントを一意に表わす大事な名前になるので、分かりやすく今回のサーバの使用目的にふさわしい名前を付けます。

サーバID は他のユーザとの重複が許されないため、重複を調べるために使いたい ID が既に使われていないか調べます。調べるには、フォームに ID を入力し「検索」ボタンを押下します。

重複した ID なら「既に登録済みのサーバーIDです」という警告が出ます。他のユーザとかぶらない ID であることが確認されれば、「申し込むことが可能です」というメッセージが出るので、「お申込み」ボタンを押下します。

契約情報入力

次に契約者の情報を入力する画面に移ります。

プランやメールアドレス、登録区分(個人/法人)、名前、住所、電話番号など契約に必要な個人情報を入力します。ひと通り入力したら「お申し込み内容の確認」に進みます。

入力した情報の一覧が表示されるので、契約したい内容に間違いがなければ「お申し込みをする」ボタンを押下します。

新規サーバ申し込みの完了

手続きにエラーがなければ申し込み受付の完了を知らせる画面に移り、24時間以内にサーバを設定する旨が伝えられます。

設定完了通知メール

しかし実際に私が申し込んだ際には、すぐに設定完了通知メールが届いていました。

パスワード管理ツールにもバックアップ

通知メールにはサーバの ID やパスワードなどの重要なアカウント情報がすべて記載されているため、とてもサーバを扱うのに非常に重要なデータが集約されているといっても過言ではありません。

このメールは大事に保管し、記載された重要なアカウント情報はパスワード管理ツールなどにもバックアップしておく必要があります。

ここに記載されたアカウント情報を利用して、サーバの設定を行っていきます。