グラフィカルな画面で Git を操作できるアプリ SourceTree をインストールする

0
1100
views

Git クライアントツールの SourceTree をインストールします。

前提条件

Bitbucket のアカウント登録をしてあることが、インストールの前提条件です。

インストーラのダウンロード

SourceTree の提供・開発元である Atlassian のページに行きます。

SourceTree のページから [Windows 向けダウンロード] のボタンを押し、インストーラのダウンロードを開始します。

ダウンロードできたらインストーラを実行します。

インストール

インストールが開始されると、まずライセンスの同意が求められます。

ライセンスの許諾

[同意する] のチェックボックスにチェックを入れ、[続行] を押します。

Atlassian アカウント

SourceTree を利用するためには、SourceTree の提供元である Atlassian のアカウントにログインする必要があります。事前に Bitbucket アカウントが作成済みであれば Atlassian アカウントも同時に作られているはずです。ここでは Bitbucket アカウントが作成済みであることを前提として、[既存のアカウントを利用する] をクリックします。

Atlassian アカウントへのログイン画面が開きますので、メールアドレスとパスワードを入力して [ログイン] を押します(Bitbucket に Google アカウントで登録済みであれば、この画面でも [Login with Google] からログインします)。

入力したアカウント情報に間違えがなければ、登録が完了します。続いて [続行] を押します。

リモートの設定

すぐにリモートリポジトリに接続してクローンする必要がなければ、[リモートの設定] 画面では [スキップ] を実行します。

次に、リモートリポジトリに接続する際の SSH 鍵をアプリに登録するか聞いてきます。SSH 鍵は後でも登録できるので、ここでは [No] を選択します。

ツールのインストール

アプリが自動で Mercurial(Git とは別のバージョン管理ツール)をローカルから探します。ローカル内に Mercurial が無いと、「Mercurial が見つかりません」というメッセージが表示され、次の3種類から対応を選択することを求められます。

  • アプリ専用の内蔵版 Mercurial をインストールする
  • Mercurial がインストールされているローカルパスを指定する
  • Mercurial を使わない

今回はバージョン管理ツールに Git を使うので、画面から [Mercurial を使いたくない] を選択します。

インストールの完了

以上で SourceTree のインストールは完了です。デスクトップにアプリのショートカットが作成され、SourceTree のウィンドウが開きます。