Thunderbird の引っ越し方法

0
4351
views

Thunderbird の引越しは profiles の default フォルダをコピーするだけです。

引越しでやりたいこと

今回の引っ越しで行いたいのは、以下の3点です。

  • メーラーの設定(メールアドレスなど)
  • 過去のメッセージ
  • 連絡先

この3点を新しい PC にインストールした Thunderbird に反映させます。新しい Thunderbird を USBメモリに入れた場合も、やり方は同様です。

# 個人設定ファイルの場所

Thunderbird をインストールすると次の場所に個人設定ファイルが作成されます。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles

ここの場所に、例えば以下のようなランダム文字列の default フォルダがあります。

引越先(初期状態):

引越元(個人設定済の状態):

やること

このまっさらな Thunderbird を引越先とすると、やるべきことは 引越元の個人設定ファイルのコピーを引越先の個人設定ファイルと入れ替える ことです。

ただし注意点が1つあります。

注意点

注意点は、個人設定ファイルのフォルダ名です。

個人設定ファイルのフォルダ名に使われている「ランダム文字列」は変更してはいけません。ランダム文字列を変更してしまうと、Thunderbird が設定ファイルを認識できなくなってしまいます。

上記の例でも分かる通り、インストールした Thunderbird それぞれで個人設定フォルダの名前が違います。そのため、引っ越し作業はフォルダ名は変更せずに「中身」のファイル群のみを入れ替える形にします。

そうすれば、引っ越し作業は2、3分で完了します。

引越前(インストールしただけ):

引越後(個人設定ファイルを入替え):