[Eclipse] 動的Webプロジェクトに下準備をして PostgreSQL を使えるようにする

0
1893
views

Eclipse の動的Webプロジェクトを使ってWebアプリケーションを作る場合、PostgreSQL を使えるようにするには、次の2点 ①JDBCドライバの追加 ②context.xml の登録 が必要です。

JDBCドライバの追加

JDBCドライバのダウンロード

下記ページから JDBCドライバの jar ファイルをダウンロードします。

PostgreSQL JDBC Download:
https://jdbc.postgresql.org/download.html

ダウンロードした JDBCドライバを WEB-INF/lib 直下に置きます。動的Webプロジェクトの仕様上、ここにライブラリを置くと、tomcat起動時に自動的にクラスファイルが読み込まれます。

context.xml への記述

META-INF 直下の context.xml に下記内容を記述します。context.xml が無い場合は新規作成します。これにより、接続できるデータベース(Datasource)として名前(この例ではjdbc/foodShop)が Webアプリに登録されます。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE configuration>
<Context>
<Resource name="jdbc/foodShop" auth="Container" type="javax.sql.DataSource"
		username="foodshopmaster" password="foodshopmaster"
		url="jdbc:postgresql://localhost:5432/foodshop" driverClassName="org.postgresql.Driver"
		initialSize="5" maxWait="5000" maxActive="120" maxIdle="5"
		validationQuery="select 1" poolPreparedStatements="true" />
</Context>

プロジェクト内の下準備・設定は以上です。