Node.js と npm のバージョンを指定したい

0
3239
views

Node.js を利用したアプリを開発したい場合、開発環境の Node.js を特定のバージョンにしたいケースがあります。

こういう時、OS が Windows であれば、パッケージ管理に Chocolatey を導入しているとこの特定バージョンへの変更作業がラクに済みます。

例えば、要望が下記のケースだったとして作業してみます。

Node.js v9.3.0 ⇒ Node.js v8.5.0

まず現在インストールされている Node.js のバージョンを確認します。

node -v

下記のようであればバージョンは 9.3.0 です。

v9.3.0

このままではダウングレードはできませんので、ひとまず Node.js をアンインストールします。

cuninst nodejs

アンインストールが成功したら、下記構文の Chocolatey コマンドで Node.js のバージョンを指定してインストールします。

cinst nodejs -Version 8.5.0

続いて npm のバージョンを変更してみます。要望は下記の通りとしてみます。

npm v5.6.0 ⇒ npm v5.2.0

バージョン指定には @(アットマーク)を使います。

npm install -g npm@5.2.0

これでグローバルの Node.js と npm が変更できているはずです。念のためバージョンを確認してみます。

node -v
v8.5.0
npm -v
v5.2.0